topサンラメラのことならサンラメラ 専門店へ船井幸雄グループ本物研究所 正規販売代理店


遠赤外線輻射式セラミックヒーター くらし いきいき サンラメラ専門店目指したのは陽だまりの心地よさ。34年変わらない暖かさ。三世代家族でも快適に使えるサンラメラ


おかげさまで完売いたしました。現在当店でのサンラメラのお取り扱いは行っておりません。
ご購入をご検討中の方は、サンラメラ総販売元、株式会社アイエフのオフィシャルサイトをご覧下さい。

ホーム
サンラメラのご案内
サンラメラ・コラム
よくあるご質問
お客様の声
ご注文
アフターサポート
サイトマップ
HOME > サンラメラのご案内 > 他暖房機との違い
送料無料 代引手数料無料 安心サポート 
サンラメラはシンプルで体に優しく
お子様からお年寄りまで安心して
お使いいただける安全設計。
体の芯までぽっかぽか。
前へ 前へ

サンラメラのご案内 ( 5/9 )

次へ 次へ


他暖房機との違い

他暖房機との違い
 サンラメラの表面温度は300度。遠赤外線のまま温度を上げることは難しい技術なので、金属を熱源とする他社製ヒーターでは、特殊なセラミックと一体化させた熱源で発熱するサンラメラのパワーに追いつくことができません。

■他の遠赤ヒーターの仕組みと相違

 他の遠赤外線ヒーターは、ニクロム線や金属板などの金属に電気を通して、150〜200度の熱を出します。電機コンロを見ればお判りのように、温度を上げればニクロム線は赤くなってしまいますが、遠赤外線というのは読んで字のごとく「赤く見える波長のさらに外側の波長」ですから、赤く見えてしまうヒーターは遠赤外線の比率が少ないのです。

 この場合、遠赤外線ヒーターとして販売することができませんので、他メーカーでは赤くならない温度までしか出すことができません。サンラメラの表面温度は約300度です。なぜそれだけのパワーを出せるのでしょうか。それは発熱体に金属を使用せず、特殊なカーボンにいくつかの材料を混合しているため、350度まで上げても赤熱化せず、しかも消費電力に無関係に一定の発熱温度を出せるからです。つまり、赤くならずに300度の熱を出せると同時に、200Wでも600Wでも同じ温度を出すことができるのです。

 しかも炉で焼成された発熱体はセラミック板と同体化するため、いくら大手のメーカーでも、製品を購入してその材料を分析することができません。茶碗を分析してどんな土とどんな土が混合され、触媒は何だったのかを研究するのがどれくらい難しいことか、創造していただければお判りと思います。


■オイルヒーターとの違い

 現在通販等で販売されているデロンギ等のオイルヒーターは、ほとんど全てヨーロッパ製です。なぜでしょうか。

 つまり、デロンギやエドコの宣伝に言うように、安いヒーターがそれほど優秀ならば、「国内大手家電メーカーからオイル方式の製品が出ないのはなぜか」という当然の疑問が生まれます。その理由をご説明します。

 日本の夏は気温や湿度の面から見ると、ほとんど熱帯に属するものですから、換気が悪いとすぐにカビが発生します。日本家屋では、ふすま≡や障子といった紙製のものを部屋と部屋の仕切りに使用することで、空気の入れ替えを促進し、湿気やカビから住む人を守っているのです。このふすまや障子の存在が、ヨーロッパ家屋との決定的な違いを象徴します。

 「触れてもヤケドしません」という宣伝文が語るように、オイルヒーターの表面温度は80度前後です。自然の換気が少なく、どちらかというと石やレンガというような蓄熟可能な素材を中心に作られたヨーロッパの家は、長年にわたって冬の暖炉の火による温かさ、いわゆる生活熟といったものを吸収しており、家自体が1つのヒ−ターとして作用します。このために低い温度のと−ターを補助として各部屋に置けば十分なのです。

 この種の補助ヒーターをそのまま日本家屋に持ってきても、暖房としては通用しないため、国内大手メーカーはこの方式を採用していないのです。当然のようにオイルヒーターの守備範囲は4・5畳〜6畳程度です同じ消責電力で12〜14畳程度まで暖房できるサンラメラとはパワーが違います。

 オイル方式の場合、本体内には5リッター前後のオイルが入っています。また、ラジエーター形状にして表面積を稼いでいます。このため・6畳用程度のオイルヒーターでも16キロから20キロ程度の重量があり、消費電力も1000〜1500Wです。これに対して、同じ6畳を温めるサンラメラ600型の重さは5.5キロで消責電力は600Wです。


同じ1200Wでもパワーが違います!

サンラメラの強力パワー


■ハロゲンヒーターとの違い

 ヒヨコを育てるのに、裸電球を箱に入れて暖めた記憶はありませんでしょうか。これは裸電球の熟を利用したわけですが、ハロゲンヒーターというのは、普通の電球よりも温度が高いハロゲンランプを熱源にしたもので、裸電球でヒヨコを暖めたのと同じように、ハロゲンランプで人間を暖めているに過ぎません。温度が高すぎるため、遠赤外線の比率は低く、どちらかというと以前からある電気ストーブに近いものです。ランプですから寿命があります。


■ファンヒーターとの違い

 エアコンやファンヒーターは温風を出して暖房します。急速に暖房できますが、暖かい空気は上にあがりますので、天井ばかり暖かく、相対的に床付近が冷えているように感じることになります。このため多くの方はホットカーペットやこたつを併用されます。しかも上にあがる空気はホコリやカビを部屋中に巻き上げていきますので、皆さんはこれを吸いながら生活されていることになります。

 サンラメラは遠赤外線を出す塙射式です。簡単に言えば太陽と同じ原理ですので、直接空気を暖めるものではありません。体内や壁、畳、家具といったものに直接熟を吸収させ、さらに放出させることで、部屋全体を均等の温度にしていきます。こう書くと「部屋全体を暖房できるのか」とお聞きになる方がおられると思いますが、サンラメラは部屋全体を暖房するものです。ごく−部しか暖房できない局所暖房機ではありません。

 このため暖房する速度という点では温風方式に負けますが、ホコリやカビも巻き上げませんし、ホットカーペットやこたつなどの他二酸化炭素を放出することもありませんから一晩中つけておいても安心です。乾燥も加湿もしませんので、結露の予防にもなります。

 さらに、遠赤外線方式というのは、接骨院や重体治療院で用いられる赤外線治療器と同じ原理ですから、血行を良くします。腰痛や肩凝りの方は、夏冬関係なく1年中お使いになっています。


■遠赤外線「が」出る、と遠赤外線「も」出るの違い

 これまでご説明したどの方式のヒ−ターも遠赤外線の波長を出しています。ただ、遠赤外線の効果を得るのに重要なポイントは、どの程度の割合や強さで遠赤外線を出しているかです。

 読んで字のごとく、赤外線とは赤の外側の波長という意味ですから、本来赤く見えるはずはないのですが、昔からのやぐらごたつを筆頭にした赤外線×××というものは、熱源が赤く見えます。これは心理的な効罪をねらった面もありますが、赤い可視光線と近赤外線が相当量出ているので、遠赤外線の割合は相対的に低く、効果も少なくなります。

 サンラメラの場合、可視光線は出ていませんし(外に見えないように隠しているのではなく、内部的にまったく出ていません)、近赤外線の割合も非常に少なく、世界でもトップクラスのパワーが出せる遠赤外線ヒーターです。


■「サンラメラ600」と「サンルーム550」の比較

←温度低い 温度高い→
※2000.10.30 鳴海製陶
産業機材部 鳩野氏調べ
サンラメラ600 サンルーム550
サンラメラ照射時間2分
最高温度 63℃
距離30cm
照射時間2分
サンルーム照射時間2分
最高温度 50℃
サンラメラ照射時間5分
最高温度 201℃
電源ON
5分後

サンラメラは電源投入後の温度の立ち上がりが早い
サンルーム照射時間5分
最高温度 165℃
サンラメラ照射時間30分
最高温度 281℃
電源ON
30分後

サンラメラは表面温度が圧倒的に高く、発熱面積も広い
サンルーム照射時間30分
最高温度 212℃
サンラメラ電源OFF5分後
最高温度 145℃
電源OFF
5分後

サンラメラは電源を切った後に余熱が残っている
サンルーム電源OFF5分後
最高温度 94℃

<比較評価>
サンラメラ600 サンルーム550
定格電圧/周波数 交流100V、50/60Hz 交流100V、50/60Hz
最高温度:280℃ 最高温度:245℃
サンラメラの方が出力が大きく、高温になる。
消費電力 600W/400W 550W/380W
放射率:0.96 放射率:0.87
サンラメラの方が遠赤外線の放射率が良い。
抵抗値 常温(20℃)時:17.5〜19.5Ω 常温(20℃)時:17.4Ω
最高温度時:16.8〜17.6Ω 最高温度時:17.9Ω
サンラメラの方が高温になり遠赤外線もよく出ているため、手をかざした場合の暖まり具合も大きな違いがある。
外形寸法 幅560×高413×奥行220 幅560×高410×奥行220
本体の幅 50mm 本体の幅 60mm
外形は同じ。ただし、本体の幅はサンルームの方が厚く、大きく見える。
重量 5.7kg 6.3kg
コードの長さ 2.5m 2.2m
外形寸法 転倒安全装置
  (振り子スイッチ)
加熱防止装置
転倒安全装置
  (振り子スイッチ)
加熱防止装置
電流ヒューズ10A
サンルームの方が本体の幅が厚いため、振り子スイッチの設置に余裕がある。
サンルームは、電源ヒューズを入れているため、過電流が流れた時にストーブ本体でヒューズが切れ、元のブレーカーが落ちない。
ヒータパネル カーボン発熱体
  +ネオセラム
マイカヒーター(箔金属パターン)+吹きつけステンレス板
サンラメラは、電極、接点部に弱さはあり、パネルが割れる心配もあるが、発熱面積が広く効率よく遠赤外線が出る。
サンルームは、電極はがれ等の心配は無い構成。ただし、強く接触させないと伝熱せず、発熱効率は悪い。
全体構造 組立型 一体型
サンルームの方が一体型で組立が簡易。ネジの数も少ない。
電源コード 取り出しは後面 取り出しが下面
全面ガード 全面ガード フラット、下部固定
サンラメラの方が、パネル清掃時の全面ガードはずしに手間がかからない。
サンルームの方が、全面ガードのガタツキがなく、キズが出にくい。
キャスター架台 片側のツバ小
下面ストレート
両側にツバ有り
下面ストレート、ハリ補強
部品 サーモスタットのハンダカバー無し(裏板との距離を安全寸法に) サーモスタットのハンダカバー有り
部品点数葉、電流ヒューズを除いてほぼ同じ。
表示 表示ラベル4枚
警告表示の向きが横向き
サンラメラの文字が見にくい
ロゴマークなし
表示ラベル3枚
警告表示の向きがまっすぐ
サンルームの文字が見やすい
太陽マーク入り
サンルームの方が、表示が簡易。見やすい。太陽マークや色合い等、はっきりしてきれいにみえる。

<全体評価>
遠赤外線で暖めるストーブとしての性能面ではサンラメラ
パネルが割れない、組立が簡易などの構成面ではサンルーム

ページ上部に戻る ↑ 

前へ 前へ サンラメラのご案内 ( 5/9 ) 次へ 次へ

よくあるご質問
アフターサポート
投稿フォーム





お問合せ
お電話
フリーダイアル 0120−
251−352


FAX
フリーダイアル0120-251-344


対談
1分で分かるサンラメラ講座

1分間でサンラメラの全てをお届けします。


→最新FLASH PLAYERはこちらです。
てつのサンラメラ日記


サンラメラニュース
2011/05/16
おかげ様でブラック・レッドともにご好評につき完売いたしました。ありがとうございます。
本物対談
サンラメラが愛される秘密が今解き明かされる!
サンラメラの効用
アレルギーの人のためにサンラメラが推薦されています!
クリーンな健康暖房機
リウマチなどの予防と症状の緩和にサンラメラが注目されています!
プライバシーポリシー

お客様からお預かりした大切な顧客情報は、厳重に管理しており、管轄官公庁の要求または法令に基づき開示される場合を除き、第三者に流出する心配は全くありません。また、当店のショッピングカートはSSLに対応しております。個人情報などはすべて暗号化して送信されますのでご安心してご利用くださいませ。



かごの中を見る
ホーム
サンラメラのご案内
サンラメラ・コラム
よくあるご質問
お客様の声
ご注文
アフターサポート
サイトマップ

個人情報保護法について 特定商取引法に基づく表記 お問合せ

Copyright(C) 1999-2014 sanramera-house.com all rights reserved.